カテゴリ「ランニング」の1251件の記事 Feed

2017年2月21日 (火)

サービス精神

カメラ片手に走るのは今や当たり前。

いや世間では当たり前じゃないけれど僕の中では当たり前。

走る事は楽しい。

走った後もその楽しさをいつでも引き出したい。

そりゃあ記憶の中にはあるけれど、目に見える形でも残しておきたい。

手っ取り早いのは写真ですよね。

老後の楽しみ? でもある。

走りながら知り合いランナーを撮って、自撮りもして、レースの前後でも。

今回の青梅マラソンも当然カメラ片手に、

前日ハリ天狗家で知り合ったばかりのジロー君と前後して走る。

こりゃあもうサービスして前に回って、後ろに下がって。

11キロ地点にハリマネが応援してくれているので撮られることも意識して、

ジロー君に離されかけたけれどペースアップして並走。

01

ここで結構足を使ったなあ・・・でもおかげでツーショットバッチリでした。

レースは走るだけでなくてトータルで楽しまないともったいない。

今後もカメラ片手にアチコチ走り回ろうっと。

05

2017年2月10日 (金)

初参加

年が明けて初めてのBlooming大阪練習会参加です。

何かとズルズルと案件が残って職場脱出がなりませんでしたが、

今日はすんなりと脱出成功。

しかしメインレースの別大が終わって気分的には気乗りせず。

加えて最強寒波襲来で寒いし。

幸いフクラハギは悪化しなかったのでボチボチ走りましょうか。

今日の練習会に来週の京都マラソンを走るという、

MBS毎日放送の森本アナウンサーが参加。

入社2年目の初々しさが残る若者です。

歳を聞いたら24歳とか(+o+) うちの子どもたちと同年齢だ(-_-;)

若さの勢いはあるけれどランニングは・・・まだまだ初心者。

練習メニューの8キロを5分40秒/キロ設定をマンツーマンで、

いっちょ揉んであげましょうか。

走り方は・・・腕は上がってる、肩は揺れる、姿勢は前傾しすぎ、

足音もバタバタとうるさい。

短い距離ならば若さで走れそうだけれど、

距離が延びるとかなりきつそうかな?

短い時間でしたが一緒に走って、何だかんだとアドバイス。

多少は走りが良くなった・・・気はしますが。

少しでも力になれたら嬉しいもんですが結果は走ってみないと!

P1093862

まだまだ青いバナナ。これからが楽しみだ!

2017年2月 2日 (木)

回復具合

今の職場は5階建ての建物の3階。

それ以前の職場の7分の1の位置。

当然ながらエレベーターは使わずにいつも階段です。

今日はその階段を上るのが重たかった~

昨日の最終試験の疲れがそのまま残ってます。

今までレース前の10キロでここまで疲れは残らなかったのになあ。

回復速度は確実に遅くなってきています。

でもこれはちゃんと自分で受け入れて何とかしないと。

しっかり食べて、しっかり睡眠とって・・・

夜はミロによく起こされてなかなか熟睡できないですけど(-_-)zzz

レース前日しっかり眠ればいいか!

P2073198

2017年2月 1日 (水)

最終試験

取りあえず今日しっかり走れなければ、

痛みが出ることなく走れなければ、

ある程度のペースで走れなければ、

別府大分毎日マラソンのスタートに立つ資格はない。

と、心に決めて向かった大阪城公園。

痛くは無いけれど俗に言う「違和感」 痛みの出る前の前兆。

不安をいっぱい抱えながら2キロアップしてから10キロスタート。

本来ならば余裕を持ってのサブスリーペースだけれど、

そんなこと言ってはいられない。

せめて4分半/キロで走れなければ不合格。

入りの1キロは4分25秒。ギリギリだな。

フクラハギに負荷がかからないように着地はそーっと。

膝から上、腿だけで走る事を意識して2キロ4分19秒。

いかんいかん、タイムを気にしすぎたら足がおろそかになってしまう。

ここから時計を見ないで自分の感覚で走り通す。

5キロを過ぎてもうちょっとペースアップ出来そう。

心持ちペースアップして風も速く感じる。

でも、ちょっとしたフクラハギの変化に過剰に反応。

ペースが安定してないか?

それでも踏ん張って10キロ完走! 42分43秒!

前半5キロ21分42秒!後半5キロ21分01秒!

ギリギリ最終試験通過。 

ピリッとした痛みがいつ襲ってくるかビクビクしながらの10キロ。

何とか走り切って、これでいけるぞ! いくぞ! いくしかない!

3時間半の完走ではなく、サブスリーを目標にスタートだ!

Rimg7009

2017年1月31日 (火)

鯉のようには

まな板の鯉。今の心境です。

だからと言って何もしないでその日は迎えられない。

かかりつけの整骨院で治療。

体重管理・・・いまいち出来てない(>_<)

腹筋!

風邪をひかないようにうがいと手洗い。

寒くないようにいっぱい着込んで通勤。

安静がいいかもしれないが明日は試し走り。

それで駄目ならすっぱり諦めるか?

いや諦めきれないだろうなあ・・・

精一杯悪あがき!

Rimg7006_2

帰り道には上弦の月。

これから大きく膨らんでいくなっていく月だぁ!

一番星も見えてるぞ~

2017年1月30日 (月)

30時間経過

昨日の大阪ハーフを1時間58分で走り切ってから30時間。

一晩経って朝が来て、一日仕事して、フクラハギは・・・

そりゃあそれなりに走ったので多少の筋肉の張りはありますが、

気になるような痛みの出現は無し。

何とかこのままフルの距離でも走れるか?

答えはYES! 走れます。

ただし4時間で。いやもうちょっと速いペースで3時間半でも行けるかな。

しかし別大ではそれは通用しない。

走るからにはサブスリー目指して走らないと。

そこを目標に走って来たんですからね。

あと6日。不安だらけだけれど挑戦しないスタートはあり得ない。

Rimg6956

2017年1月26日 (木)

カウントダウン

左フクラハギの痛みは消えないけれど、

時は止まることなく流れ続けている。

歩けないことも走れないことも無い。何もしなければ痛みは無い。

でも押すと・・・痛い。

通勤途中の信号で小走り・・・ 痛くない。

さて、どうするべきか。どうしようか。

諦める気持ちはまだ微塵もない。

Rimg6952

別府大分毎日マラソンのスタートまであと10日。

2017年1月24日 (火)

停止信号

Rimg6948

空がこんなに明るいうちに大阪城公園へ。

暗い中より少しでも明るさが残っている方が走りやすい。

走りやすいならば勝負レース前の約束事10キロ+10キロ。

いつもは前の週の水曜日だけれど一日前倒し。

確実に走れるときに走っておかないとね。

とは言うものの左フクラハギは完全ではないので4分45秒/キロで。

2キロアップの後恐る恐るスピードを上げてスタート。

う~ん、やっぱり妙な違和感があるけれど、

極力フクラハギには力を入れずに何とかモモだけで走る。

いけそうか?  徐々にスピードアップして4分半/キロをキープ。

10キロ44分57秒。これくらいならば余裕は有り。

5分レストで次はサブスリーペースで10キロだ。

滑り出しは順調に1キロ4分9秒。

ちょっと抑えて4分15秒/キロをキープできれば今日はOK!

ところが、ところが、3キロ手前でフクラハギに「ピリッ!」と痛み。

やばいやばい、これ以上は走れない(>_<) 緊急停止!

暗雲取り除けられず。

歩いている分には痛みは無いけれどJOGでも軽い痛み。

次の日曜日の大阪ハーフはDNSも選択肢に入れなければ・・・

2017年1月22日 (日)

確認走行

こ・こ・これは何か覚えがある痛み、違和感。

一昨年の夏に「かっとび伊吹」でやってしまった肉離れの前兆。

今? この時期に? 顔面蒼白です。

しかしまだ前兆の段階。

予定していた昨日の練習メニューは当然キャンセルしてフクラハギのケア。

と、言っても走らないことが最大のケア。

走りたいのを我慢して一日過ごし、冷やして温めてマッサージして。

幸いにして日常の生活の中では違和感は感じない。

今日も・・・  いやちょっと試しに走ってみるか。

早起きして左フクラハギはグルグル巻きにして恐る恐る走り出す。

1キロ・・・ 大丈夫。 2キロ・・・ 大丈夫。

6分/キロから5分半/キロに上げてみるが・・・ 大丈夫。

でもそれ以上のスピードを出す勇気はない。

ゆっくりジョグで心肺機能が落ちないようにLSDかな。

5キロ、10キロ・・・ 大丈夫。

もうちょっと遠くまで行けるかなと思うけれど雨がポツポツ。

あまり調子に乗るな! と言う天からの声かな?

それでも何とかゆっくりゆっくり20キロ。

痛みは無いけれど右足に比べたら重さを感じる。

ギリギリのところで左フクラハギは耐えていることに変わりはない。

しっかり自分の足と会話しながらあと2週間。頑張れよ~!

Rimg6941_2

暗雲の向こうには必ずや希望の光があるはず。

2017年1月19日 (木)

前兆出現

昨日はちょっと頑張って走ったので今日は・・・

休養日と言う選択肢が半分以上だったのだけれど、

軽~く動いておこうかなと帰宅ラン。

予想通り重たいだけの帰り道でヒーコラヒーコラと1時間ほど。

あれ?

左のフクラハギの芯に痛み。

一昨年肉離れをした直前と同じような痛み。

ちょっとやばいか???

Rimg6939

目標大会

Powered by Six Apart