« 2017年1月 | メイン

2017年2月

2017年2月26日 (日)

開幕ならず

地元大阪吹田のJ1ガンバ大阪soccerはACLの関係で今日から。

ガンバ大阪 Vs ヴァンフォーレ甲府。

吹田市立サッカー場での開幕戦のチケットが手に入って、さあ開幕だ~!

のはずでしたが・・・

僕の受け持つところで食中毒発生(-_-;)

対応に走る、スタッフも走る、実際に走ることも出来ない。

サッカーどころではなくなった~(>_<)

泣く泣くチケットは長男シュンヤに譲って母と息子で観て来~い。

自分の中で開幕ならず。ヤレヤレ。

何かあったら24時間365日対応。仕方ないな。

Rimg7160

試合は最後の最後に追いついてドローだったよう。

「いまいち盛り上がりに欠いてた」嫁さん談。

僕は盛り下がったままだったぁ。

2017年2月25日 (土)

走る

フルマラソンを走る。ウルトラを走る。富士山を走る。

何故に走るのか?

そりゃあ苦しいことが多いけれど基本的には楽しいから走ります。

走っている時間だけではなく、その前後も含めてトータルで楽しいから。

でも・・・

 人は何のために走るのか。

 何に向かって走るのか。

 そもそも人類は何故急ぐこと、走ることを始めたのか。

 それは何かから逃げる為か。それとも何かを追いかける為か。

と、改まって考えたことは無いんですが、

「走る」という意味を追い求めて「時のマラソン」を走り通すという

何とも過酷な舞台を脚本家・劇作家・演出家の倉本聰さんが作り上げ

現在全国で順に公演中です。

その舞台が本日大阪の富田林すばるホールにて。

その舞台に縁あっていきなりですが登場してきました!

いきなりですから当然セリフも何もありませんし、

戦後を走り抜けた昭和の男の一人という事で、

スーツを着て50人ほどの中のひとりで2分間その場走り。

Rimg7146_2

(ストーリーは倉本聰「走る」で調べてみてね)

最後はカーテンコールにも登場。

ライトを浴びて客席は全然見えないしアッと言う間の2分間だったけれど、

舞台袖では役者さんの息づかいも感じることが出来て、

貴重な体験をさせてもらいました。

高度経済成長を支えた昭和のサラリーマンは僕より上の年代ですが、

戦後の「豊かさ」を求めて走り続けてきた日本人。

時代の荒波にもまれながら、国を支えるため、家族の幸せのため、

がむしゃらに走ったオトコたちを思いながらの2分間。

やっぱり人は自然と「走る」もんなんです。

Rimg7151

  

2017年2月24日 (金)

どこの話し?

三日連続で遅くなった、、、

プレミアムフライデー?

全く関係なかったな。

とりあえずこれが別大前でなかったのが救い。

明日は休めるけれどもまた日曜日に出勤可能性(((^_^;)

2017年2月21日 (火)

サービス精神

カメラ片手に走るのは今や当たり前。

いや世間では当たり前じゃないけれど僕の中では当たり前。

走る事は楽しい。

走った後もその楽しさをいつでも引き出したい。

そりゃあ記憶の中にはあるけれど、目に見える形でも残しておきたい。

手っ取り早いのは写真ですよね。

老後の楽しみ? でもある。

走りながら知り合いランナーを撮って、自撮りもして、レースの前後でも。

今回の青梅マラソンも当然カメラ片手に、

前日ハリ天狗家で知り合ったばかりのジロー君と前後して走る。

こりゃあもうサービスして前に回って、後ろに下がって。

11キロ地点にハリマネが応援してくれているので撮られることも意識して、

ジロー君に離されかけたけれどペースアップして並走。

01

ここで結構足を使ったなあ・・・でもおかげでツーショットバッチリでした。

レースは走るだけでなくてトータルで楽しまないともったいない。

今後もカメラ片手にアチコチ走り回ろうっと。

05

2017年2月20日 (月)

意地の理由

今年の青梅マラソンは兄弟共にフクラハギに不安を抱えてのスタート。

真剣な兄弟対決は見送りか????の空気が流れるも、

それぞれに思惑を抱えて前夜から微妙な駆け引き。

一応このペースでと自己申告するも互いに疑心暗鬼で鵜呑みにはできない。

でも本当に走れてなさそうなので、

スタート後の5キロ(23分16秒)ほどは後方から様子をみながらだったけれど、

その後は先行して「勝負あったな!」

傍目には軽そうだっかもしれないけれど、

この辺から息が苦しく先行きに不安を感じる10キロ45分08秒(21分52秒)

そんな状態でも初出場のジロー君をカメラに収めようと、

ペースを上げ下げしながら15キロ1時間07分13秒(22分05秒)

折返しを過ぎてからは下りを利用して走り切るつもりが、

アレレレレ? 下りなのにまるで上りのように足が回らなくなってきた。

「なってきた」ではなく一気に「なった」感じで抜かれまくり。

苦しい後半戦になりそうだ。

それでも何とか下りの惰性で20キロ1時間29分19秒(22分06秒)

ペースは落ちてないがもはやここまで。

21キロ過ぎの上りをヒーコラ上り切り25キロ1時間53分07秒(23分48秒)。

そろそろ兄貴に追いつかれるかぁ~ と後ろが気になるけれど、

兄貴も走れてないだろうと言う淡い思いは残り4キロでグワ~ンと刺される。

(実は20キロ手前から後ろに付けていたらしい・・・5年前の別大と同じだ!)

やっぱり・・・ もはやこれまで・・・

ゴール後の兄貴の高笑いが頭の中を駆け巡る・・・

くっそぉ~! しかし即座に反応できる足は残っていない。

その差はどんどん開いていき今年の勝利は風前の灯。

と、ここで踏ん張る。約20mほどの差を維持する。

足は残っていないけれど踏ん張る。

その力の源は・・・ 

「昨年は刺されたけれど今年は逆に刺してやった~」

と言う兄貴のブログネタを阻止するため!(なんという理由だ!)

理由は何であれ兄貴の背中が段々大きくなってきた。

ラスト2キロで後ろにピタリとつけると兄貴の荒い呼吸が直に聞こえる。

サブスリーペースまで上がりハーハーゼーゼーかなり苦しそうだ。

こっちも足はいっぱいいっぱいだが呼吸はまだ余裕がある。

満を持してラスト1キロ手前で刺し返す。

このまま突き放してゴールだぁ! 2時間14分56秒(21分49秒)

こうして一部にしか注目されてないけれど、

変にこだわりのある第51回青梅マラソンの兄弟対決は幕を下ろしたのでした。

メデタシメデタシ。

Rimg7136

2017年2月19日 (日)

刺し返し

別大後のランはBlooming練習会の8キロのみ。

5日前の火曜日に発熱で水曜日は一日床に臥す。

まあ兄ハリ天狗も調子悪そうだし、

今年の青梅マラソンは低レベルの争いか?

4分半/キロを目安にスタートすると直ぐに目前にハリ天狗。

ペースは同じくらいなので気づかれぬようピッタリコバンザメ。

このままずっと?の誘惑はあったけれど、

ジロー君が追い抜いていくのを我慢しきれずに追い越す。

青梅マラソン初参加の写真でも! とジロー君の前に回ってパシャリ。

応援ポイントの御嶽駅にはハリマネが陣取ってくれてるはず。

このままジロー君とのツーショットのお披露目だ。

その後はちょっと先行して折り返しを再び激写。

あと半分は下り基調、、、 しかし、、、

下りなのにペースが上がらない。全身には疲労感。

後は何とか5分/キロを超えないように我慢の走り。

2時間20分が切れたら良しとするか。

あ~~~なかなか距離が減っていかないがやっと残り5キロ。

と思って暫くすると後ろからハリ天狗!

並ぶ間もなく刺された。やられたかあ。

諦めかけるけれど20m差くらいで粘ってると徐々に差が縮まる。

苦しいけれどこれはいけるか?

ラスト2キロで追い付いて再びコバンザメ。

ペースが上がってハリ天狗の息が荒い! これは行けそうだ!

ラスト1キロ手前で刺し返し、振り返らずにゴールに飛び込む。

昨年より5分ほど遅いけれど、昨年同様刺し切り!

やったあ~! と、小さくガッツポーズ。兄弟対決勝利です!

Rimg7128

2017年2月18日 (土)

じゅうろくさい

16歳になりました。

ミロはピッチピチです。でも人間換算では80歳!

おばあちゃん稼業も板についてきたかな。

一日のほとんどを寝て過ごし、足腰弱くなり、

歩くのもフラフラ、上手いこと後ずさりは出来ず、

壁に当たれば暫しフリーズ。

夜鳴きは相変わらず時々( ´-`)

でも可愛さは変わらずです❗

Rimg6801

2017年2月16日 (木)

息切れ

昨日一日臥せっていたけれどインフルエンザではなかったscissors

病院で処方された薬で持ちこたえたか、

今日はいつも通りに出勤して、イレギュラーの仕事もこなし、

もちろんいつも通りの仕事もこなし、

事件は・・・ 起こらなくてよかった!

定時退庁です。

今日は末っ子ユミナが夕飯当番という事でまっすぐ急いで帰るdash

急いで帰る=早歩き  なんですが、

この早歩きで息が切れてる自分に気が付く。

えっ? 歩きで? この程度の速さで?

今回の風邪、発熱は一日で回復したけれどダメージは深かったのか?

青梅マラソンを週末に控えて鼻の下を伸ばしてる場合ではない!

Rimg7063

2017年2月14日 (火)

ピンチ

今日の未明から気持ち悪くて目が覚めた。

熱はなかったけれど節々が重だるい。

何とか一日仕事をこなして帰りに病院へ。

いわゆる風邪でしょう! と言うことだけれど、

まだインフルの疑いも消えず。

とにかく暖かくしてもう寝ようっと。

2017年2月13日 (月)

自制心欠乏症

別大が終わってから食生活は乱れっぱなし。

お腹が空いたら何かしら食べ物に手が伸びる。

お腹がいっぱいにならないと気が済まずに手が伸びる。

当然のように間食は欠かすことが出来ない。

職場にいたらまだ自制が効くけれど家にいると歯止めが利かない。

この週末の博多滞在中のカロリー摂取量も半端じゃなかったような・・・

三軒目の店の壁はサインでいっぱい。お腹もいっぱい。

Rimg7075

体重は・・・ 量ってません。

青梅マラソンの兄弟対決は「回避する」と言う

兄ハリ天狗の言葉を真に受けて節制する気が失せた???

いやそのまま真に受けてはいけないことは分かっているはずだけれど!

その昔、

青梅マラソンをメインのレースに位置付けていた頃は力も入っていたけれど、

今の青梅マラソンはお祭りレースの位置づけ。

それなりに走り切れたかいいかな。

それなりに走り切るならばせめてこの1週間は無制限の食生活は止めて、

しっかり走れるように調整しよう。

青梅の30キロコースを甘く見てはいけません。

目標大会

Powered by Six Apart