« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

鯉のようには

まな板の鯉。今の心境です。

だからと言って何もしないでその日は迎えられない。

かかりつけの整骨院で治療。

体重管理・・・いまいち出来てない(>_<)

腹筋!

風邪をひかないようにうがいと手洗い。

寒くないようにいっぱい着込んで通勤。

安静がいいかもしれないが明日は試し走り。

それで駄目ならすっぱり諦めるか?

いや諦めきれないだろうなあ・・・

精一杯悪あがき!

Rimg7006_2

帰り道には上弦の月。

これから大きく膨らんでいくなっていく月だぁ!

一番星も見えてるぞ~

2017年1月30日 (月)

30時間経過

昨日の大阪ハーフを1時間58分で走り切ってから30時間。

一晩経って朝が来て、一日仕事して、フクラハギは・・・

そりゃあそれなりに走ったので多少の筋肉の張りはありますが、

気になるような痛みの出現は無し。

何とかこのままフルの距離でも走れるか?

答えはYES! 走れます。

ただし4時間で。いやもうちょっと速いペースで3時間半でも行けるかな。

しかし別大ではそれは通用しない。

走るからにはサブスリー目指して走らないと。

そこを目標に走って来たんですからね。

あと6日。不安だらけだけれど挑戦しないスタートはあり得ない。

Rimg6956

2017年1月29日 (日)

ギリギリ大阪ハーフ

別大一週間前の大阪ハーフは余裕をもって1時間半で走る事が、

サブスリーで走れるかどうかのバロメーターになるのだけれど、

フクラハギの具合からそんな早く走れるわけはない。

と言うより走れるのか?

ペースを上げなければ何とかなりそうだし、

まったく走らずに別大に臨むことはちょっと考えられないので、

様子を見ながら2時間の制限時間をいっぱいいっぱい使って走ろうか。

誰か一緒に走るか? と、目の前に現れたのはやーさん。

「とにかく完走したい!」 ならば何とかしてあげよう。

5分40秒/キロを目途にイーブンで刻んでいくか。

スタートロスは40秒。5キロ28分32秒。10キロ56分24秒。

このままならば完走出来そう! 

だけれど隣で走ってるやーさんの口数がだんだん少なくなってくる。

大丈夫! ペースはまったく落ちていない。

15キロ1時間24分18秒。長居公園に入って逆にペースが上がって来た。

20キロ1時間52分4秒。 もう大丈夫。

長居スタジアムに入って足も軽やかにゴール! 1時間58分10秒。

2時間以内のタイムで目標達成! 良かった~!

Rimg6998

フクラハギは・・・ 何とか持ったけど・・・

重さは残る。暫くして、一晩たってどうなるかだな。

2017年1月26日 (木)

カウントダウン

左フクラハギの痛みは消えないけれど、

時は止まることなく流れ続けている。

歩けないことも走れないことも無い。何もしなければ痛みは無い。

でも押すと・・・痛い。

通勤途中の信号で小走り・・・ 痛くない。

さて、どうするべきか。どうしようか。

諦める気持ちはまだ微塵もない。

Rimg6952

別府大分毎日マラソンのスタートまであと10日。

2017年1月24日 (火)

停止信号

Rimg6948

空がこんなに明るいうちに大阪城公園へ。

暗い中より少しでも明るさが残っている方が走りやすい。

走りやすいならば勝負レース前の約束事10キロ+10キロ。

いつもは前の週の水曜日だけれど一日前倒し。

確実に走れるときに走っておかないとね。

とは言うものの左フクラハギは完全ではないので4分45秒/キロで。

2キロアップの後恐る恐るスピードを上げてスタート。

う~ん、やっぱり妙な違和感があるけれど、

極力フクラハギには力を入れずに何とかモモだけで走る。

いけそうか?  徐々にスピードアップして4分半/キロをキープ。

10キロ44分57秒。これくらいならば余裕は有り。

5分レストで次はサブスリーペースで10キロだ。

滑り出しは順調に1キロ4分9秒。

ちょっと抑えて4分15秒/キロをキープできれば今日はOK!

ところが、ところが、3キロ手前でフクラハギに「ピリッ!」と痛み。

やばいやばい、これ以上は走れない(>_<) 緊急停止!

暗雲取り除けられず。

歩いている分には痛みは無いけれどJOGでも軽い痛み。

次の日曜日の大阪ハーフはDNSも選択肢に入れなければ・・・

2017年1月22日 (日)

確認走行

こ・こ・これは何か覚えがある痛み、違和感。

一昨年の夏に「かっとび伊吹」でやってしまった肉離れの前兆。

今? この時期に? 顔面蒼白です。

しかしまだ前兆の段階。

予定していた昨日の練習メニューは当然キャンセルしてフクラハギのケア。

と、言っても走らないことが最大のケア。

走りたいのを我慢して一日過ごし、冷やして温めてマッサージして。

幸いにして日常の生活の中では違和感は感じない。

今日も・・・  いやちょっと試しに走ってみるか。

早起きして左フクラハギはグルグル巻きにして恐る恐る走り出す。

1キロ・・・ 大丈夫。 2キロ・・・ 大丈夫。

6分/キロから5分半/キロに上げてみるが・・・ 大丈夫。

でもそれ以上のスピードを出す勇気はない。

ゆっくりジョグで心肺機能が落ちないようにLSDかな。

5キロ、10キロ・・・ 大丈夫。

もうちょっと遠くまで行けるかなと思うけれど雨がポツポツ。

あまり調子に乗るな! と言う天からの声かな?

それでも何とかゆっくりゆっくり20キロ。

痛みは無いけれど右足に比べたら重さを感じる。

ギリギリのところで左フクラハギは耐えていることに変わりはない。

しっかり自分の足と会話しながらあと2週間。頑張れよ~!

Rimg6941_2

暗雲の向こうには必ずや希望の光があるはず。

2017年1月19日 (木)

前兆出現

昨日はちょっと頑張って走ったので今日は・・・

休養日と言う選択肢が半分以上だったのだけれど、

軽~く動いておこうかなと帰宅ラン。

予想通り重たいだけの帰り道でヒーコラヒーコラと1時間ほど。

あれ?

左のフクラハギの芯に痛み。

一昨年肉離れをした直前と同じような痛み。

ちょっとやばいか???

Rimg6939

2017年1月18日 (水)

走った感

年が明けての初大阪城公園です。

ここはペースが作りやすいって事で10キロ+5キロ。

そう決めてたものの電車の中で不安の波が押し寄せてくる。

これって苦しいメニューだよなあ。

でもその不安を乗り越えなければ先は無い。

サブスリーペース・・・

よりちょっと余裕を持たせて4分20秒/キロ設定。←甘いか?

走り出しは順調なものの、すぐにペースが落ちる。

ここで耐えねばと持ち直し後半ペースアップして42分24秒。

トータルではサブスリーペースだけれど安定してないな。

問題はこの後でレストの5分を挟んで5キロスタート。

これは何が何でもサブスリーペースを上回らねばとスタートダッシュ。

いやダッシュまではしてないけれど4分/キロを切っている。

しかしこのままペースを維持できるわけなく、どこまで堪えられるか。

呼吸も心拍も足もいっぱいいっぱいではないものの、

土俵際で踏ん張っている感じ。

ラスト1キロは・・・やや持ち直し20分27秒(>_<)

おおおおおぉ! なんかやり切った感。

決して余裕があったわけでは無いけれど、ちょっと走れた感。

自己暗示! 自己暗示!

Rimg6934

走り終わればOBAの勢ぞろい。

このパワーももらってあと少し頑張らねば!

2017年1月17日 (火)

サプリメント

伝わり難いかもしれませんが「チョコ餅」

かかっているのはココアパウダーで中にはチョコレート。

Rimg6927_3

末っ子ユミナ作。

出来立ては軟らかいですが時間と共にすぐに硬くなる。

市販の餅をそのまま使ってるから当たり前と言えば当たり前。

何も添加されてないって事ですね。

ランニングにおいても自分の足だけ、体だけで走れるのが一番ですが、

色々な故障、衰えを補うにはサプリメントも上手く取り入れないと。

そうやって色々と飲んでると体は添加物の塊?

でも添加物が悪の塊ではない。

それでパフォーマンスが向上できれば。

あんまりサプリメントは使っていませんが今回は・・・

EPAを取り込んでます。

2017年1月15日 (日)

雪中ラン

今日はゆっくりと20キロ程。

昨日決めていたけれど外は雪。寒波襲来で大阪も今シーズン初雪snow 

当然のように寒いし、それ以上の痛寒い感じ。

心が折れそう・・・だけどこうしたシュチエーションって好きなんです。

何か普通と違うって自分の中で変にテンションが上がるんですね。

と言うわけで時折前が見えなくなるくらいの雪の中、

寒くて指先の感覚が無くなるような感じの中、

シューズも濡れて足の指も痛いほど冷える中、

同じように馬鹿みたいに走っている人がチラホラいる中、

万博公園外周を中心に何とか20キロ。

寒さが勝って体は重いのか軽いのかわからなかった・・・

ここまでして練習になるのか? いいんですpunch

練習には自己満足で気持ちを前向きにさせることも必要ですから。

Rimg6924

目標大会

Powered by Six Apart