« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

目標突破

距離にこだわった5月。

マラソンは量より質ですが、質の良さを上げていくには量は大切。

冬場のマラソンシーズンに向けて基礎脚力作り。

目先の飛騨高山ウルトラマラソンを見据えての付け焼刃。

その先の富士登山競走にしっかり挑むための体力作り。

1ヶ月の走行距離の目標を300キロに設定してましたが、

目標値を余裕で上回って351キロsign03

そんなに走りこんだ~! って言う感覚は無いのだけれど、

チリも積もれば山となる!

Rimg5202

練習の成果をスカッとレースで出したいもんだ。

2016年5月30日 (月)

休養せず

すんなり家に帰れてこの時間ならば十分に走れそう。

土日に走りこんだので疲労面からは休養日なんだけれど、

足と相談した結果はGOサインpunch

そうは言っても別大前のスピードには程遠いですけどね。

走るにはちょうど良い気候だけれど、

万博公園はいつもよりランナーが少ないような。

時間帯が悪かった? 月曜日だから?

そんなに毎日走っていられないですよね。 こんなもんか。

後半の4キロほどは久々に5分/キロを切って走りトータル14キロ。

いい汗かけた週初めでした。

Rimg5204

2016年5月29日 (日)

再生筋

今朝も5時半起床でミロdogと軽く近所を一回り後、箕面の山へupwardright

夕方には雨が降ると言うことだけれど雲一つなく空はぜ~んぶ青。

気持ちいい。

とは言うものの30キロ超を走った翌日はそれなりのスピードで。

1週間前と同じパターンだけれど、

先週はかなり低空飛行の状態だったのでそれに比べたら快調な感じ。

箕面勝尾寺の町石道に入ってからもゆっくりだけれど歩かず登れてる。

十津川トレイルで壊れた筋細胞はあきらかに強くなって再生したかな?

まあこういうものは思い込みが大切ですからね。

まだ5月の末。

富士登山競走までにはまだまだ上のランクまで上がっておかねば。

Rimg5200

さて、これから大学同窓会の近畿ブロック会。

一番下っ端ですhappy02

2016年5月28日 (土)

電話を気にしつつ

今日は午前中に何が何でも走っておきたいところ。

まあ土曜日なんでいつもの事かhappy01

山・・・ がよかったんだけれど、

仕事の電話がいつ掛かってくるか分からない状況。

電話が繫がりにくいにくいところはNGなので家から淀川へrun

先週の30キロは暑さもあってヘトヘトだったけれど、

今日は曇り空で暑くもなく快適sign03

鳥飼大橋を渡って淀川河川敷は程よい風も吹いてペースも上がる。

ウルトラ向きの走り方で足は上げずにすり足走法で5分半/キロ。

飛騨高山ウルトラの本番はこんなペースでは走り切れませんが、

走り方はこんな感じかな。

先週よりちょっと長めを目標に毛馬こうもんを越えて16キロで折り返し。

折り返してからも快適に20キロ、25キロ・・・

いかんbearing  この辺が限界だったbearing あとは惰性で何とか32キロsign03

先週に比べたら走れたような気はするけれど、

2週間後はこの3倍以上の距離に挑むのかsign02

分かっちゃいるけれど長いなあ。

Rimg5199

2016年5月27日 (金)

果実入り

いちご大福なるものが世に出回った時は「なんて新鮮な組み合わせsign01

アンコの甘さとイチゴのほんのりした酸味が何とも。

イチゴ以外の果物は・・・ それほど出回ってないのかな?

いやいや、ミカン、メロン、モモ、洋ナシ。

あった、あった。

Rimg5186

でもやっぱりイチゴかなsign02

2016年5月26日 (木)

出勤前

昨日は大阪城公園に行って、

久々にOBAのメンバーと走ろうと思っていたけれど、

そんな時に限って終業間際にかかって来る電話telephone

キンコンダッシュdashは不発に終わって走る気は完全に失せてしまった。

今日は大阪城公園の近くで会議。当然そのままrun

しかし天気予報は午後から雨rain

う~ん・・・朝しかない。

ミロの散歩で体をほぐしてから万博公園へ。

それでも完全に起き上がってない体は重めに感じるけれど気持ちよく11キロ。

300キロを目標にしている5月ですからね。

1キロでも多くup

Rimg5189

2016年5月24日 (火)

連結

日曜日はとんでもなく痛重かった体だったけれど、

帰宅ランで走り出すと痛みゼロ!重さゼロ! いつになく体が軽く感じられる。

十津川トレイルのダメージは消えたかな?

痛んだ筋細胞も強くなって再生したかな?

また遠くまで走れるかな?

Rimg5184

エキスポシティの観覧車もま~るく繋がり、

体のギクシャク感も無くなり、

心なしか気持ちも軽くなった9キロの帰り道でした。

2016年5月22日 (日)

痛みの中

十津川トレイルのダメージが完全に癒えぬまま昨日の30キロ走。

追い打ちをかけられたように体中がドヨ~ンと重たい。

重たいだけではなく鈍い痛みも足に残留。

こんな時は完全休養sleepy

3週間後の飛騨高山ウルトラマラソンを目標にするならばです。

僕の夏の一番の目標はその先の富士登山競走fuji

飛騨高山はあくまでも富士山の為の通過点。

せっかくの休日は積極的に坂道を、山を求めて登らねばupwardright

しかしながら5時過ぎに起きて箕面の山を目指して出発したものの、

やっぱり痛重いdown  「やめようかな~」の甘い囁きも耳元にear

確かにこんな状態でチンタラ登っても意味ないかなあ・・・

止める理由はたくさんあったけれど何とか振り切って山間部突入。

ほんとに今日は登るだけでしたがトータル24キロ。

終わってみればプチ達成感。

今は自分を痛めつける期間です。

Rimg5174

2016年5月21日 (土)

低空飛行

飛騨高山ウルトラマラソンを前にロング走は欠かせないところ。

ひたすら、ひたすら、ひたすら前に進む、ある意味精神修行。

先週の十津川トレイル(一部ではトレイルではなくアドベンチャーの声も)は、

30キロオーバーの距離でしたが走り続けると言う観点からは別物。

ここいらで淀川沿いの何の変化も無いコースを淡々とsign03

飛騨高山で初の100キロ完走を目指すケーコさんもここいらでロング走。

新しいランニングステーションkurubuをスタートして淀川へ。

「枚方大橋往復だ!」の掛け声はむなしくスタート直後からギアが上がらず。

まだ十津川の疲れが・・・ 暑い・・・ 

枚方大橋まで片道17~18キロ? 心が早くも折れる。

ダメ! 帰ってこれなくなりそう。 でもせめて往復で30キロは!

意見の完全一致をみたところで、今日の目標はとにかく30キロ。

苦しいけれど、足が動かないけれど、

何とか6分/キロを切るペースで片道15キロ。

折り返して、ここからが長そうだ。気温も25℃を超えてるか?

湿度はそれほど高くはなく快適に走れそうないい天気sun

それとは裏腹にペースを保つのがやっとこさで毛馬のこうもん到着。

そんなに速くは走ってないけれど、あと5キロほどはダウンジョグだ。

あ~~~

ウルトラ前のロング走の練習ではいつも思うけれど、

こんな調子で100キロ走れるのか???

Rimg5172

2016年5月20日 (金)

穴埋め

17時過ぎに窓口にやってきた人が居座る。粘る。

時間は刻一刻と過ぎていく。終業のチャイムも・・・耳に入らないようだ。

職場脱出ならずweep   Blooming大阪clover練習会欠席だぁ。

部下を誘って飲んで帰るかbeer  いやいや、距離にこだわる5月。

ここは大人しく一旦帰ってから走ろう。

距離にこだわると言いながら気持ちが切れた状態では距離も伸びない。

結局万博公園周辺を12キロほど。

お茶を濁しただけだったか。

Rimg5169

気持ちを切り替えて、明日は最低20キロrun

目標大会

Powered by Six Apart